2009年12月22日火曜日

Web開発者必読の本

動物の本

Webページを開発するときにどのような本で勉強しているでしょうか? Perl入門とかやさしいPerl系統の入門書だけの人が多いと思います。 でも、入門書だけでは真の意味が理解出来ないと思います。

自転車を再発明するという言葉があります。 これは既に開発されている物を苦労して開発するという意味で、無駄な生産性という意味です。 自転車が欲しければ開発するより買ってきた方が時間と費用の節約になります。(自転車を組み立てるには10万円を超える特殊工具とノウハウが必要です。一方、自転車を買うのなら最低1万円、スポーツ用の自転車でも10万円で購入出来ます)

初心者向けの本だけでの学習だと知らないうちに自転車を再発明するように、既にシステムに組み込まれている機能を自分で作ってしまったりします。 これは開発に時間がかかるどころか、動作するときの効率が全く違います。 ほとんどの場合、システムに組み込まれている機能を使う方が高速です。

また、自転車でも簡単に乗ることができますが、長距離を楽に走るにはそれなりのノウハウが必要です。 同様、開発も大規模になるほどノウハウが必要になります。

そのノウハウを吸収する本が、オライリーが出版している本です。幸い、表紙には動物の絵が描かれているので堅苦しさは緩和されるかもしれません?が内容はとても硬派ですが、ひねりのきいたジョークが少しですが入っています。

上部の写真はPerlとHTMLの開発書籍ですが、RubyやPythonで開発をする人も同じような本がオライリーから出ていますので参考にしてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿