2010年2月16日火曜日

SEO対策のためのホームページ作成術

ホームページを開設していてもアクセス数が伸び悩んでいる人が多いと思います。 アクセス数が少ない原因の一つとして、ページがサーチエンジンに対して優しくない事が上げられます。

サーチエンジンに対して優しいとはどういうことでしょうか?

それは、HTMLファイルの作成方法です。特に複雑なデザインのページほど、内部のタグが増えサーチエンジンにキーワードを覚えられない問題が発生します。

この問題を解決するにはどのようにしたら良いのでしょうか? その答えが以下のリストです。
  • スタイルシート(CSS)を活用
  • XHTML構文でページを作成する
  • UnicodeでHTMLを作成
です。
まず、CSSを使うと内容とデザインを別々のファイルに分けることが出来ます。検索エンジンに対してはデザインは関係ないので、単純なHTMLからキーワードを採取するので多くのキーワードがサーチエンジンに記憶される可能性があります。

次にXHTML構文でページを作成する事です。 XHTML文はHTML文より厳しい構文となっており、書くのは難しいですが、命令に間違えが無いのでサーチエンジンが簡単に解析できるようになります。

最後のUnicodeとは文字コードです。 日本語をファイルに書くには現在三種類の方法があります。その中でUnicodeは全世界で使えるコード体系となっており、世界中のサーチエンジンが解釈することが出来ます。

以上、ややこしいですが試して見て下さい。 ここからサンプルファイルをダウンロード出来ます。

また、サンプルページにアクセスすることも出来ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿