2010年4月8日木曜日

Windowsの暗号化ファイルシステムを使う場合の注意

WindowsXPから付属している暗号化ファイルシステムは強力です。 しかし、強力であるため、OSが起動不能になってしまったら中身の復旧は不可能です。 あらかじめ証明書をエクスポートしておく方法もありますが、証明書を金庫にでも保管しておかない限りセキュリティは守られません。

このため、ノートパソコンにデータを入れて持ち運ぶ人以外は暗号化ファイルシステムは使わない方が得策だと思います。 それよりは、パソコン自身にログインパスワードを設定し、パソコン自体をチェーンで固定物に結び付けておく事がシンプルで良いと思います。 又は、部屋自体に施錠して侵入できない対策をするのが良いと思います。

http://07.net/EFS/

0 件のコメント:

コメントを投稿